デパスやレクサプロの効果・時間・半減期を解説します。ジェネリックのエチラーム・バスパー・ソナタ・セディールも人気商品です。

デパスの効果と効能

デパスうつ病の治療薬として有名ですが、それ以外にも様々なシーンで不安を和らげ、筋弛緩作用で心とカラダをリラックスさせてくれる抗不安薬の代表的なものになります。
この薬は、日本の田辺三菱製薬株式会社から1984年より販売されています。
日本国内で一番多く利用されている抗不安薬で「精神安定剤」とも呼ばれ、幅広く使用されています。
しっかりとした効果があるため、デパスはうつ病や不安障害に悩む方々の満足度が高く、多くの支持を得ていると言えます。
適応がある不安障害は(全般性不安障害・恐怖症・社交不安障害・対人恐怖症・特定恐怖症・広場恐怖症・パニック障害・強迫性障害・ストレス障害・心的外傷後ストレス障害・急性ストレス障害・適応障害)になります。

デパスの通販はコチラ

緊張や不安、動悸、肩こり頭痛、不眠症などにも使用されており、他には自律神経失調症やあがり症、更年期障害の治療などにも使用されています。
精神的な要因や自律神経の乱れがもたらす心身症にも有効です。
さらに筋弛緩作用(筋肉をほぐす作用)があるため、頸椎症、腰痛症、肩こり、緊張型頭痛などにも効果があるとされ、それらの治療に応用されることもあります。このように、非常に多くの症状に使われることから、万能薬と呼ばれることもあります。

主成分はエチゾラムで、比較的おだやかな作用をもたらしてくれます。依存性もそれほど強くはありません。効果の持続時間ですが、服用後5~6時間ほどとなります。体調や個人差もありますが、ほとんどの方がこれぐらいの時間だとされています。

最大血中濃度は3時間で、一番効き目が高い時間も服用してから3時間程度です。これを薬の半減期といいますが、抗不安薬の中で短い~中程度とされています。
薬の半減期とは、薬の量が半分になるまでの時間を指します。薬の服用後3時間程度で代謝・排泄されるため、抗不安薬の種類の中では効果が短いということです。
ただし、作用としてはやや強めで、筋肉を緩める作用もやや強めに働きます。
デパスには、効果が強く、持続時間が短いといった特徴があると言えます。

デパスは抗不安薬の中でも比較的副作用の少ない薬です。そして、依存性も少ないとされています。しかし、効果をさらに期待して大量に服用するなど、服用方法を守らない場合などは副作用や依存症が出てしまう可能性が大いにあるので注意が必要です。
依存症になってしまうと1人での解決は難しくなってしまうので、全国「精神病」者集団などにご相談下さい。

主な服用方法例は、以下のとおりです。

【全般的な不安障害の場合】1日(3mg)を2~3回に分けて経口服用します

【睡眠障害の場合】1日(1mg~3mg)を1回就寝前に経口服用します

【心身症・腰痛などの場合】1日(1.5mg)を3回に分けて経口服用します

薬は決められた用法を守ってこそ力を発揮します。服用の際には、使用上の注意などをきちんと確認することが大切です。(実際に服用する際には、必ず医師などの専門家にご相談ください。)
他の種類の「安定剤」や「抗うつ剤」との併用は、副作用が出やすくなるため、服用時には特に注意をしましょう。また飲酒も副作用が強まる恐れがあるため控えるようにしましょう。

デパスの購入方法

スマホで購入

デパスの購入は通常、病院で診断してもらって処方してもらいます。またそれ以外にも海外から個人輸入することも可能です。海外から個人輸入する際は病院へ行く必要が無い分手軽に購入できます。個人輸入と聞くと難しそうに聞こえますが、通常の通販サイトと同じように誰でも簡単に注文ができます。

しかし、手軽に購入できる=(イコール)簡単に服用していい、というわけではありませんので必ず用法容量を守りましょう。また、副作用が心配な場合や、体に異変を感じた場合などはかかりつけの医師や専門家に相談しましょう。

また、有効成分の同じエチゾラムは、ジェネリック薬も個人輸入を利用することで購入することができます。デパスのジェネリック薬になるとエチラームと呼ばれる薬になります。インドのインタスファーマ社が開発したデパスの後発薬で、0.5mgと1mgタイプの錠剤に加え、1mgの舌下錠もあります。(舌下錠は、舌の上で溶かすことで口の粘膜から成分吸収されますので、薬の効果が早く出るタイプの錠剤です。)
エチラームは、デパスと同一成分で作られた後発薬ですので、緊張緩和や不安抑制など、デパス同様の効果が期待できる薬です。また値段が非常に安価になるので、購入出費を抑えることもでき、日本でも人気の高い薬です。
デパスの服用を検討されている方には、エチラームなどのジェネリック薬も検討してみるとよいでしょう。

レクサプロの効果と効能

うつ病の治療にあたって用いられる薬の中でも、現時点で一番新しい薬と言えるのが、2011年に発売された「レクサプロ」です。 最新の抗うつ剤ということで、効果と安全性のバランスが良いものとなっています。

レクサプロの通販はコチラ

レクサプロってなに?

レクサプロ

レクサプロは、国内では4番目のSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)のジャンルに分けられており、気持ちの落ち着き、平安な心持ちに影響を及ぼす脳内物質「セロトニン」の量を増やし、脳内のセロトニン濃度を高めて抗うつ効果をもたらします。
また、安全性のバランスという点においては、従来の抗うつ剤の副作用で多く見られた口内の枯渇、または便秘といった症状が軽くなっているのも特徴です。
副作用を軽くしたことにより、これまでの抗うつ剤とはまた違うタイプと分類され、「第二世代」もしくは「第三世代抗うつ薬」と呼ばれています。

うつ病の他にも社会不安障害に対する効果もみられ、これまでのSSRIの中でもっともセロトニンの取込み阻害効果が高いと言われています。
薬には「血液の中で薬の成分の濃度が半分になる時間」で効き目の長さを計っていますが、レクサプロはそうした血中半減期が長く、服用が1日1回で済むというのもメリットです。
ただ、レクサプロにかかわらず多くの抗うつ剤は飲み合わせの悪い薬がありますので、以下の薬との併用を避けての服用をお願い致します。
・セレギリンなど、パーキンソン病の治療に用いる薬
・トリンプタン系の片頭痛薬(イミグランなど)、L-トリプトファン含有製剤、炭酸リチウム
また、抗不整脈、抗精神病薬との併用はこの薬の効果をより強めますので、併用する際はレクサプロの量を減らすなどして対応します。

SSRIってなに?

セロトニンの欠乏

SSRIは、脳に選択的に作用することでセラトニンが再取込みされてしまうことを防ぐ薬になります。脳内でのセラトニンの調整を行っている器官であるセラトニン受容体という部分に作用します。

この物質が不足すると、うつ病の症状である「強い不安」「意欲や関心の低下」などを起こすので、脳内で再吸収を防ぐことで濃度が高められ、症状の改善を目指す薬となっています。

従来までは、三環系、四環系などが主流でしたが、これらは脳の他の部分にも作用してしまい「抗コリン作用」という副作用を起こしてしまいました。口やノドの渇き、便秘、胃の不快感などです。

そこで誕生したのが、このSSRIという系統の薬で、部分的にしか作用しないので副作用が少ない薬と言われています。また、薬には「半減期」という効果が半分になってしまう時間を示すものがあり、このレクサプロは24~27時間と言われかなり長い時間、効果を持続させることが出来ます。

これはつまり、作用時間が非常に長いことになり1回の服用で効果は130時間持続すると言われています。時間をかけて作用し、ゆっくりとからだから成分が抜けていくので離脱症状を起こしにくいメリットもあります。

レクサプロの特徴

寝ている女性

なによりも特質しているのが速効性です。本来、同じ系統の薬でも少量からスタートして徐々に服用量を増やし治療用量にまでもっていくのが一般的です。しかし、この薬は初めから治療用量の服用をすることができるので、効果が現れるまでに2~3週間とかからず、スグに効果を期待することができます。「副作用が少ない」、「速効性」の2つを兼ね備えている薬になるので世界でもっとも売れている抗うつ剤となります。

うつ病の症状と治療方法

うつ病とは抑うつと言われる状態が続き、気持ちがついてこない状態が続く精神疾患です。原因の多くはストレスや過労によるもので、辛い事以外にも、人が喜べる事に対して、その変化に適応することができないことが原因となり発症してしまうこともあります。

うつ病の症状

症状は、精神的な面に限られず、肉体的な面にも疾患を伴うことがあります。日内変動といって、精神的・身体的な症状は1日の中でも時間とともに変化します。多くの患者の方は、朝が最も悪く、夕方にかけて軽くなる傾向があります。

精神的な面では、意欲や感情、思考の3つのことから現れます。意欲は、何事をするにも億劫になり、行動力もなくなり、集中力を失ってしまいます。他にも対人関係が面倒になり、自分が関心があることにも打ち込めなくなってしまいます。

感情面では、気持ちが全く乗らず、理由無く悲しなり、寂しくなり、自己嫌悪に陥っることもあります。突然、強い不安や焦りを感じ、急に怒りが湧きだしたりするなど、喜怒哀楽の変化に大きな波があります。

物事に価値観を見いだせなかったり、感情移入もすることができなくなります。また最悪の場合、自殺願望が起こることもあり、悪化した場合には自殺を計画し、実行してしまう人もいます。

思考面では、頭を使うことができなくなり、判断力、集中力、決断力が著しく低下してしまいます。反応が遅くなり、時には妄想が現われることもあります。また身体的な面では、肩こり、腹痛、めまい、下痢、食欲不振、倦怠感、疲労感、、勃起不全(ED)、女性は月経不順などが起こります。

うつ病の治療方法

医師の相談

うつ病は身近な病気であり、誰にでも発症する可能性のある病気です。日本人であれば15人に1人は発症する可能性があるとも言われています。

肉体的な疾患が全面に出ている場合には精神疾患に気づきにくくなってしまい、放置してしまうこともあります。これを「仮面うつ」と呼びます。悪化してからの治療は時間もかかり、十分な効果を得る事ができない場合もあります。

治療は、抗うつ剤や抗不安薬などを用いた薬物療法やカウンセリングや認知行動療法などを取り入れて治療を進めていきます。抗うつ剤は依存性の高い病気でもあるので使用には十分な注意と医師の指示通りの服用が大切となります。精神疾患も治療すれば治癒しますので、異変を感じている場合には医師などに相談してみてください。

セディールの効果と効能

セディール

セディールとは、タンドスピロンクエン酸を主成分とするアザピロン系の抗不安薬です。
デパスなどのベンゾジアゼピン系とは異なる抗不安薬でセロトニン1A部分作動薬に分類されるお薬です。
セディール最大の特徴はこの「ベンゾジアゼピン系抗不安薬ではない」と言う点です。
現在、非ベンゾジアゼピン系抗不安薬としては、事実上セディールがあるのみです。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬と比較した場合に、抗不安作用が弱めと言われています。
その反面、安全性が高く依存性が弱い、副作用が少ないといった特徴があります。
抗不安薬を服用する患者さんは、ついつい効果の強いお薬を服用して、その効き目を求めてしまいがちな面が強い傾向にありますが、そういったお薬は相応の副作用も持っています。
それらの薬の副作用で苦しんでしまうことに不安を覚える方には、セディールの様な安全性の高いお薬をお勧めします。
また、上記の安全性の高さから高齢者に使いやすい抗不安薬と言えます。

セディールの通販はコチラ

セディールの服用方法

服用方法は成人の方で1回1錠(主成分10mg)を1日3回(30mg)を限度に服用します。
年齢や症状の具合によってこの限度は増減幅がありますが、最大でも1日に6錠(60mg)までとされています。
服用の間隔は4時間以上空ける必要があります。そして飲み忘れたからと言って2回分を一度に服用はしてはいけません。
また、アルコールとの併用は中枢神経抑制の相乗効果によって副作用が強くなってしまう可能性があります。
コーヒー・紅茶等カフェインを含む飲み物はセディールの効果を弱めてしまう可能性があります。

セディールの副作用と禁忌

副作用として下記のような症状が報告されています。
・眠気
・ふらつき
・吐き気
・倦怠感
・食欲不振

セディールの作用時間や効き目については、最高血中濃度への到達時間が1.4時間程度、半減期が1.4時間程度と言われています。
効果は2~4週間の服用で少しづつ身体に馴染んで出てきますが、抗不安作用は前述のとおり弱めです。
服用してから1.4時間程度で効果が最大に発揮されるので、即効性がありそうに思えますがセディールの場合は服用を続けることでセロトニン受容体のバランスを整える事で効果を発揮することを主目的としているため、少しづつ効果が表れるタイプのお薬です。

また、以下の方には効果が乏しいと言われています。
①罹患期間が長い方(3年以上)
②ベンゾジアゼピン系抗不安薬で効果が無かった方
③高度の不安症状のある方
以上から、軽症な方で抗不安薬を初めて服用する方に向いているお薬です。

またセディールには経度の抗うつ効果があります。
SSRIなどの抗うつ剤とは作用機序が異なるので、併用しての相乗効果を期待出来るという素晴らしい側面があります。
併用することで費用がかさんでしまうデメリットはありますが、特筆すべき項目と言えるでしょう。

バスパー・ジェネリックの効果と効能

バスパー・ジェネリック

バスパージェネリックとは、先発薬のバスパーのジェネリック医薬品です。先発薬のパスパーと同様に主成分『ブスピロン』を主成分とした、うつ病・不安障害・睡眠障害の方が抱える不安や緊張、不眠症、興奮状態などの症状を抑える効果がある非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。
日本国内ではあまりこのバスパーや、ブスピロンは有名ではありませんが、全世界的にみると医者の処方率が高い人気成分で、精神系以外の全ての薬物を合わせたランキングでも40位くらいに入るほどの人気があります。
このブスピロンという成分は、5-HT1A-受容体作動薬で、セロトニン5-H1A受容体の継続的な活性化によってセロトニン放出の抑制を解除する働きによって、うつ症状や不眠症、不安障害やあがり症といった症状を改善する効果があります。
また、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はω1受容体への選択性が高く、ω2受容体への作用が弱いです。そのため筋弛緩作用が現れにくいので、転倒・ふらつきなどの副作用が少ないのが特徴です。

バスパー・ジェネリックの通販はコチラ

バスパー・ジェネリックの服用方法

バスパーは服用をしてから身体に馴染むまで、およそ1~2週間ほどしてから効果が現れます。
1回の服用で、6~7時間ほどの半減期が訪れるので、安定的に効果を得るには、1日に2回の服用が必要となります。
※尚、飲み忘れてしまった際に、忘れてしまった分を合わせた2回分を1度に服用することはしないようにしてください。

パスパー・ジェネリックの副作用と禁忌

バスパーと同じく抗不安薬であったものの、近年に向精神薬に指定されたデパスと比べると即効性は低いものの、副作用が低く、安全性が高く、効き目が緩やかであるため、こちらのバスパーを利用される方が多いようです。

副作用のリスクが非常に少ないと言われてはいますが、下記のような症状が報告されています。
・めまいや立ちくらみ
・眠気
・頭痛
・神経過敏

非ベンゾジアゼピン系の禁忌は、重症筋無力症の患者の方は非ベンゾジアゼピンの筋弛緩作用により、症状が悪化するため摂取は止めましょう。
また、他の抗うつ剤、抗精神病薬、軽減抗ヒスタミン剤、ジルチアゼム、エリスロマイシン、イトラコナゾールなどと一緒に服用してしまうと、薬の効力が強くなってしまうので同時の服用は止めましょう。
妊娠内、授乳内の側、腎臓乱調の側、肝臓乱調の側は服用することは出来ません。

ソナタ・ジェネリックの効果と効能

ソナタ・ジェネリック

ソナタジェネリックとは、非ベンゾジアゼピン系に属する向精神薬の種類で不安障害や睡眠導入剤として利用されています。
ベンゾジアゼピン系に属するお薬は、病院での推定処方確率は抗不安薬5.0%、睡眠薬4.7%であり、ベンゾジアゼピン系を使用している方は全国で600万人以上の方がいると報告されています。
不安・不眠・緊張といった症状を他人にはなかなか相談しにくいものです。
色々なお薬があり、効果はどう違う?依存性があるのでは?と疑問を抱えている方は多いかもしれません。
ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内で興奮を和らげるGABAと言う物質の働きを高める事で、気分をリラックスさせ、睡眠、緊張、不安を和らげ、筋肉をほぐしてくれる作用があります。
また依存性・離脱症状が出ると言う特徴があり、突然薬を止めたり、服用し忘れ、称された量を守らず増減したりする事で発生するものです。
処方された用法用量をしっかり守り、徐々に減らしていけば症状は現れません。
ソナタは、超短期型の睡眠薬に分類され、有効成分はザレプロンになります。
有効成分ザレプロンは、ベンゾジアゼピン受容体と結びついて脳内の神経に抑制的に働く物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)の作用を増強し、興奮を抑える事で不安・緊張をやわらげ、寝つきを良くし、夜間の睡眠を継続させます。
服用し速やかに血中濃度が上昇し、優れた入眠効果を発揮します。
起床時に残薬感を残さず、目覚めの良さを自覚できる事が特徴になります。
有効成分である「ザレプロン」は、日本では認可されていないため、ソナタのジェネリック医薬品「ハイプロン」を入手する際は通販での購入となります。
実際にベンゾジアゼピン系のお薬は不眠症に効果が高い、安全性の高いお薬です。

ソナタ・ジェネリックの通販はコチラ

ソナタ・ジェネリックの服用方法

服用方法は成人の方で1日1錠(主成分10mg)を就寝前に服用します。

ソナタ・ジェネリックの副作用と禁忌

副作用として下記のような症状が報告されています。
・眠気
・目まい
・立ちくらみ
・吐き気
・胃のむかむか
・筋弛緩作用

これらの副作用が1時間以内に見られるケースが多いため、服用は就寝前を心掛けて下さい。
またアレルギー症状がある方は、十分に服用を注意し、心配な方は医師に相談して下さい。
即効性があり寝付きが悪い方にとても効果的で、半減期が短いため次の日の朝まで効果を残さないという点も気持ち良い目覚めで起床できます。

抗うつ剤の通販