うつ病を改善するには抗安定剤のデパスと抗うつ剤のレクサプロが多くの方に使われています。

うつ病の症状と治療方法
頭をかかえる男性

うつ病とは抑うつと言われる状態が続き、気持ちがついてこない状態が続く精神疾患です。原因の多くはストレスや過労によるもので、辛い事以外にも、人が喜べる事に対して、その変化に適応することができないことが原因となり発症してしまうこともあります。

うつ病の症状

考えこむ女性

症状は、精神的な面に限られず、肉体的な面にも疾患を伴うことがあります。日内変動といって、精神的・身体的な症状は1日の中でも時間とともに変化します。多くの患者の方は、朝が最も悪く、夕方にかけて軽くなる傾向があります。

精神的な面では、意欲や感情、思考の3つのことから現れます。意欲は、何事をするにも億劫になり、行動力もなくなり、集中力を失ってしまいます。他にも対人関係が面倒になり、自分が関心があることにも打ち込めなくなってしまいます。

感情面では、気持ちが全く乗らず、理由無く悲しなり、寂しくなり、自己嫌悪に陥っることもあります。突然、強い不安や焦りを感じ、急に怒りが湧きだしたりするなど、喜怒哀楽の変化に大きな波があります。

物事に価値観を見いだせなかったり、感情移入もすることができなくなります。また最悪の場合、自殺願望が起こることもあり、悪化した場合には自殺を計画し、実行してしまう人もいます。

思考面では、頭を使うことができなくなり、判断力、集中力、決断力が著しく低下してしまいます。反応が遅くなり、時には妄想が現われることもあります。また身体的な面では、肩こり、腹痛、めまい、下痢、食欲不振、倦怠感、疲労感、、勃起不全(ED)、女性は月経不順などが起こります。

うつ病の治療方法

医師の相談

うつ病は身近な病気であり、誰にでも発症する可能性のある病気です。日本人であれば15人に1人は発症する可能性があるとも言われています。

肉体的な疾患が全面に出ている場合には精神疾患に気づきにくくなってしまい、放置してしまうこともあります。これを「仮面うつ」と呼びます。悪化してからの治療は時間もかかり、十分な効果を得る事ができない場合もあります。

治療は、抗うつ剤や抗不安薬などを用いた薬物療法やカウンセリングや認知行動療法などを取り入れて治療を進めていきます。抗うつ剤は依存性の高い病気でもあるので使用には十分な注意と医師の指示通りの服用が大切となります。精神疾患も治療すれば治癒しますので、異変を感じている場合には医師などに相談してみてください。

抗不安薬デパス

デパスの効果と効能

デパス

デパスうつ病の治療薬として有名ですが、それ以外にも様々なシーンで使われる抗不安薬の代表的なものになります。この薬は、日本の田辺三菱製薬株式会社から1984年より販売されています。日本国内で一番多く利用されている抗不安薬で、幅広く使用されています。

緊張や不安、動悸、肩こり頭痛、不眠症などにも使用されており、他には自律神経失調症やあがり症、更年期障害の治療などにも使用されています。非常に多くの症状に使われることから、万能薬と呼ばれることもあります。

主成分はエチゾラムで、比較的おだやかな作用をもたらしてくれます。効果の持続時間ですが、服用後5~6時間ほどとなります。体調や個人差もありますが、ほとんどの方がこれぐらいの時間だとされています。

最大血中濃度は3時間で、一番効き目が高い時間も服用してから3時間程度です。この持続時間ですが、抗不安薬の中では短い~中程度とされています。効果が強く、持続時間が短いといった特徴があります。

デパスは抗不安薬の中でも比較的副作用の少ない薬です。そして、依存性も少ないとされています。しかし、効果をさらに期待して大量に服用するなど、服用方法を守らない場合などは副作用や依存症が出てしまう可能性が大いにあるので注意が必要です。薬は決められた用法を守ってこそ力を発揮します。

デパスの購入方法

スマホで購入

デパスの購入は通常は、病院で診断してもらって処方してもらいます。またそれ以外にも海外から個人輸入することも可能です。海外から個人輸入する際は病院へ行く必要が無い分手軽に購入できます。個人輸入と聞くと難しそうに聞こえますが、通常の通販サイトと同じように誰でも簡単に注文ができます。

しかし、手軽に購入できる=(イコール)簡単に服用していい、というわけではありませんので必ず用法容量を守りましょう。また、副作用が心配な場合や、体に異変を感じた場合などはかかりつけの医師や専門家に相談しましょう。

また、有効成分は同じジェネリック薬も個人輸入を利用することで購入することができます。デパスのジェネリック薬になるとエチラームと呼ばれる薬になります。エチラームはデパスに比べて値段が非常に安価になるので、出費を抑えることもできます。

デパス・ジェネリックの通販
レクサプロの効果と効能

うつ病の治療には一般的には薬が用いられます。その中でも多くの方に愛用されているのが、レクサプロという抗うつ剤になります。比較的、最近になって誕生した薬なので安全性も高いとされた薬になります。

レクサプロってなに?

レクサプロ

レクサプロ薬は2011年より処方が開始された薬です。SSRIという系統の薬で、「選択的セラトニン阻害剤」と呼ばれるものです。この系統は今までで、パキシル、ルボックス、ジェイゾロフト、などが処方が認められてきており、このレクサプロは国内では4番目に承認されたものになります。

SSRIってなに?

セロトニンの欠乏

SSRIは、脳に選択的に作用することでセラトニンが再取込みされてしまうことを防ぐ薬になります。脳内でのセラトニンの調整を行っている器官であるセラトニン受容体という部分に作用します。

この物質が不足すると、うつ病の症状である「強い不安」「意欲や関心の低下」などを起こすので、脳内で再吸収を防ぐことで濃度が高められ、症状の改善を目指す薬となっています。

従来までは、三環系、四環系などが主流でしたが、これらは脳の他の部分にも作用してしまい「抗コリン作用」という副作用を起こしてしまいました。口やノドの渇き、便秘、胃の不快感などです。

そこで誕生したのが、このSSRIという系統の薬で、部分的にしか作用しないので副作用が少ない薬と言われています。また、薬には「半減期」という効果が半分になってしまう時間を示すものがあり、このレクサプロは24~27時間と言われかなり長い時間、効果を持続させることが出来ます。

これはつまり、作用時間が非常に長いことになり1回の服用で効果は130時間持続すると言われています。時間をかけて作用し、ゆっくりとからだから成分が抜けていくので離脱症状を起こしにくいメリットもあります。

レクサプロの特徴

寝ている女性

なによりも特質しているのが速効性です。本来、同じ系統の薬でも少量からスタートして徐々に服用量を増やし治療用量にまでもっていくのが一般的です。しかし、この薬は初めから治療用量の服用をすることができるので、効果が現れるまでに2~3週間とかからず、スグに効果を期待することができます。「副作用が少ない」、「速効性」の2つを兼ね備えている薬になるので世界でもっとも売れている抗うつ剤となります。