抗不安薬デパス >エビリファイ

エビリファイ(アリピプラゾール)の副作用と効果について

エビリファイとは?

エビリファイは第二世代に属する抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。 エビリファイ 穏やかに効果があらわれ、副作用がすくないため安全性が高い精神科の薬です。 一般的には統合失調症の治療薬として使われます。それだけではなく、うつ病の治療や双極性障害や発達障害といった疾患にも適応するため幅広く使用されています。

エビリファイの効果と効能

エビリファイの効果は脳内にある神経伝達物質のひとつであるドーパミンの分泌を適度な量に調整する効果です。一般的な抗精神病薬はドーパミンの分泌を阻害する作用でしたが、エビリファイはドーパミンが過剰になっている場合には減らしたり、減っている場合は増やすなどドーパミンを適度な量に調節する特徴があります。この作用からDSS(ドパミン・システム・スタビライザー)とも呼ばれ、統合失調症改善や双極性障害、うつ病の治療に効果を発揮します。

エビリファイのうつ病への効果

エビリファイはうつ病の治療や双極性障害にも使用されることがあります。パキシルレクサプロといった抗うつ剤にはドーパミンに作用する薬が少ないため、うつ病の治療時に抗うつ剤を使用していても効果が十分に得られなかった場合に使用されることがあります。

エビリファイの半減期

時間 エビリファイの半減期はおおよそ61時間です。体内の血中濃度が最大になるまでの時間が3.6時間です。

半減期とは?

半減期とは薬を服用した時間から計測し、体内の血中濃度が最大になりその後血中濃度が半分まで下がった状態までの時間のことを言います。

エビリファイの即効性

エビリファイは長期的に服用を続けることで徐々に効果があらわれその後安定してきます。即効性を期待する薬ではありません。服用し始めてから効果が安定するまでにはおおよそ2週間ほどとなります。

エビリファイの効果時間

エビリファイの効果時間は半減期の時間がおおよそ61時間となるため長い効果時間に期待できる薬になります。効果時間が長いため日に複数回も服用しなくてよく、11回の服用で1日効果が持続します

統合失調症とは?

統合失調症とは?統合失調症とは神経伝達物質の一つであるドーパミンの分泌や活動が正常でない状態、いわゆるドーパミンのバランスがくずれてしまうことでおこる症状と言われています。

統合失調症の種類は以下のようになります。

陽性症状

統合失調症の代表的な症状である陽性症状ですが、分泌されるドーパミンの量が多すぎる場合に起こる症状です。

症状は以下のような内容です。

  • 幻覚症状
  • 妄想
  • 自我障害
  • 思考障害
  • 緊張病症候群(カタトニア)

これらの症状がおこることがあります。

陰性症状

統合失調症の陰性症状は、はっきりとした原因は解明されていないのですが、ドーパミンの低下が原因ではといわれています。

具体的な症状は以下になります。

  • 自閉
  • 集中力ややる気といった意欲の低下
  • 無感情
  • 無気力
  • 思考能力の低下により不自然な会話になる

陽性症状とは違い、このような症状なため、うつ病だと思われたり統合失調症だと気づかれづらいことがあります。

エビリファイの副作用

エビリファイの作用はドーパミンを適度な量に調節することです。ドーパミンとセロトニン以外にはほとんど作用しません。そのため副作用の症状も少なくおこりにくい薬です。

起こる可能性のある副作用には以下の症状です。

  • アカシジア
  • 神経過敏
  • 手足の震え
  • イライラ感
  • 頭痛
  • めまい
  • 食欲不振
  • 嘔吐や吐き気

こちらの症状が起こる可能性があります。
上記のなかでもアカシジアは「そわそわする、足がむずむずしたりする、じっとしていることができない」症状が起こるのですが、エビリファイはこのアカシジアの発症確率が多少高くなっています

エビリファイを服用すると太る?それとも痩せる?

太る?痩せる?抗精神病薬は一般的には服用することで太ることが多いです。エビリファイも抗精神病薬ですが服用で太る可能性は他と比較をすると低いです。

太る原因は?

太る原因としては抗精神病薬の作用でヒスタミンを阻害してしまうことが考えられます。ヒスタミンは食欲を抑えたりするはたらきがあるのですが、そのはたらきの邪魔してしまうことで過食になり、体重が増加して太ることになります。

エビリファイの服用で痩せる?

エビリファイの服用で痩せることに関してですが、上記内容でも記述しましたが一般的な抗精神病薬は服用することで過食の傾向になり太ることがありました。しかし、エビリファイは作用の仕方が違うため他と比較をすると太ることが少ない薬なのです。ただし、痩せる薬ではありません。では、どうして痩せることがあるのか、ですが、以下のことが考えられます。

服用している薬の変更によるもの

もともとエビリファイではない抗精神病薬を服用していて、その作用により太る症状が起こっていたとします。その薬からエビリファイに変更し、もともとは太る可能性が高かった薬から太る可能性が低い薬に変更したことで体重が減少し、痩せることにつながったと考えられます。

エビリファイの副作用によるもの

エビリファイの副作用で食欲不振や嘔吐や吐き気といった症状があります。この症状は服用し始めにからだが薬になじんでいないことで起こる可能性があります。このことにより、体重が減少して痩せることにつながったと考えられます。

症状が良くなったことによる影響

症状が良くなかったころは何に対してもやる気がなく、無気力なことによりあまりからだを動かす機会がなかったと考えられます。しかし、エビリファイを服用し症状が良くなり、からだを動かすようになり、体重が少なからず減少し、痩せる状態につながったと考えられます。

エビリファイは太る可能性は低い薬ですが、痩せるという効果はありません。

エビリファイの眠気と不眠について

エビリファイを服用することで眠気が起きたり、不眠の症状が起こってしまうのか気になるところであると思います。抗不安薬で知名度の高いデパスや、そのジェネリックのエチラーム、他にもグランダキシン、アザピロン系のセディール、そしてバスパーバスピンソナタジェネリック、といった抗不安薬や、抗うつ剤においては眠気を誘発する効果や副作用があります。

エビリファイはこれらの薬とは違い鎮静作用はあまり高くありません。そのため薬の副作用で眠気やふらつくことが比較的少ない薬になります。しかし、鎮静作用が高くないことは不眠の症状が起こる可能性も少なからず在るということになります。

エビリファイの購入方法

購入方法エビリファイは処方箋薬となるため薬局やドラッグストアーで購入はできません。一般的には医療機関へ足を運び受診して処方をしてもらう方法になります。しかし、近くに病院がなく通院が大変な人や、毎回受診することで経済的に負担がかかり途中で断念せざる得ない場合なども考えられます。このような状況下でも購入ができる方法が、個人輸入の通販サイトです。

個人輸入の通販サイトでは医師の処方がなくても購入ができるため、病院まで足を運ぶ手間も省けます。受診をしなくていいので診察代金必要ありません。さらに、通販サイトのほうが薬価が安いことが多く、経済的にだいぶ楽になります。

※個人輸入となるため個人での利用に限定されます。他人に販売や譲渡することは法律で禁じられています。また、購入後は自己責任となるため、薬の服用に関しても用法や用量を守り過剰な服用はしないよう注意しましょう。

個人輸入の通販での購入方法

個人輸入の通販を利用するにはインターネットの接続環境があればパソコンでもスマートフォンでも注文ができます。通販サイトは一般的な通販サイトと何の遜色もないためとくに違和感なく使うことができます。ただし、購入する薬は海外医薬品となるため注文してから届くまでに1、2週間はかかることがありますので注文する場合は余裕を持って行うことが秘訣です。

通販サイト利用時の注意点

個人輸入の通販を利用するときの注意点としては、通販サイトの選び方です。
個人輸入の通販サイトはインターネット上にたくさん存在しています。なかには偽物の薬を取り扱っている詐欺サイトや、ぼったくりサイトも存在しています。たくさんの通販サイトを見るとわかるのですが、個人輸入の通販にかかわらず日本語の言い回しがおかしかったり、極端に値段が安かったり、問い合わせ対応をしていないサイトなどは信頼度が下がります。このような条件にあてはまるようなサイトは利用しないように注意すべきです。

エビリファイのジェネリック

アリピプラゾールエビリファイにはジェネリックがあります。『アリピプラゾール』という薬です。
先発薬であるエビリファイは大塚製薬が開発した薬ですが、アリピプラゾールはこのエビリファイと同じ成分で製造されているため、効果や効能がほぼ同様となりますが、ジェネリックであることから薬価がとても経済的です。

ジェネリックを使用することに抵抗のない方にはオススメです。インドにあるインタスファーマ社から販売されています。

エビリファイの薬価

エビリファイの薬価を以下の表でまとめました。
先発薬であるエビリファイ、ジェネリックであるアリピプラゾールの価格もどうじに掲載してあります。

薬品名 薬価
エビリファイ錠1mg 約31円
エビリファイ錠3mg 約83円
エビリファイ錠6mg 約157円
エビリファイ錠12mg 約298円
アリピプラゾール15mg
(※ジェネリック)
約44円

薬価は上記の表のになります。
アリピプラゾール(ジェネリック)は成分量が15mgであるのに1錠あたりの薬価が先発薬12mgと比較をしても6分の1以下の薬価で購入ができます。

デパスの通販