うつ病の薬には抗うつ剤、デパスなどの抗不安薬、抗精神病薬などがあります。

うつ病の薬の分類

うつ病に効果があるとされている薬には抗うつ剤や抗不安薬、抗精神病薬などがあります。また、抗うつ剤は5つに分類することができ、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAがあります。

抗うつ剤の種類

いろいろな薬

分類によって作用する部位が異なりますが、どの薬も脳内環境を整えるために神経伝達物質に働きかけます。三環系が一番古く、NaSSAが一番新しく開発された薬となっております。新しい薬ほど、効果も高く副作用も少なくなり、安全性が高くため服用しやすくなっています。

三環系の薬には、アミトリプチリン・アモキサピン・イミプラミン・ノルトリプチリン・ロフェプラミンなどの製品があります。四環系の薬には、ミアンセリン・マプロチリン・セチプチリンなどがあります。これらの薬は古くからある薬で作用も強く効果的ではありますが、同時に副作用も強く出てしまうために治療の第一選択とはなりません。他の治療薬に効果がなくなってきてしまった時の最終選択となります。

SSRIにはパキシル・ジェイゾロフト・デプロメールなどがあり、選択的に脳のセロトニンにのみ作用するので副作用も少なく効果もしっかりあります。中でもパキシルは作用が強い方と言われていますが作用が強すぎるという方には、ジェイゾロフトやデプロメールがお勧めです。SSRIは治療薬の中でも処方される機会が多い薬となっています。

SNRIには、ミルナシプラン・デュロキセチンがあり、セロトニンとノルアドレナリンに作用します。SSRIとの違いは作用する部位や意欲低下が目立って症状がでている場合にはSNRIを用いられることが多いです。NaSSAは、ミルタザピンがあり、ノルアドレナリンとセロトニンに作用し、他の薬と違い効果が現れる時間も早く、持続力も高い薬とされており、最も新しい薬となっています。

抗不安薬のデパス

手がハート形の医者

うつ病の初期症状では強い不安感を抱いてしまうことが多く、治療を始めるには不安感を取り除くことから始めなければなりません。そこで用いられるのがデパスとなっています。デパスとは純国産の薬であり、万能薬として知られており、心身症や統合失調症、肩こりや腰痛、不眠症などにも効果のある薬です。

不安や緊張を緩和することで身体をリラックスさせることができます。精神疾患の薬はどれも使用方法を間違えてしまうと依存症など危険な症状が現れてしまうことがあるので、指示通りに服用するようにしましょう。

デパス・ジェネリックの通販
抗うつ剤の通販