バスパーはうつ病や不安障害や睡眠障害に効果のある抗不安薬です。

バスパー・ジェネリックの効果と効能

バスパー・ジェネリック

バスパージェネリックとは、先発薬のバスパーのジェネリック医薬品です。先発薬のパスパーと同様に主成分『ブスピロン』を主成分とした、うつ病・不安障害・睡眠障害の方が抱える不安や緊張、不眠症、興奮状態などの症状を抑える効果がある非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。
日本国内ではあまりこのバスパーや、ブスピロンは有名ではありませんが、全世界的にみると医者の処方率が高い人気成分で、精神系以外の全ての薬物を合わせたランキングでも40位くらいに入るほどの人気があります。
このブスピロンという成分は、5-HT1A-受容体作動薬で、セロトニン5-H1A受容体の継続的な活性化によってセロトニン放出の抑制を解除する働きによって、うつ症状や不眠症、不安障害やあがり症といった症状を改善する効果があります。
また、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬はω1受容体への選択性が高く、ω2受容体への作用が弱いです。そのため筋弛緩作用が現れにくいので、転倒・ふらつきなどの副作用が少ないのが特徴です。

バスパー・ジェネリックの通販はコチラ

バスパー・ジェネリックの服用方法

バスパーは服用をしてから身体に馴染むまで、およそ1~2週間ほどしてから効果が現れます。
1回の服用で、6~7時間ほどの半減期が訪れるので、安定的に効果を得るには、1日に2回の服用が必要となります。
※尚、飲み忘れてしまった際に、忘れてしまった分を合わせた2回分を1度に服用することはしないようにしてください。

パスパー・ジェネリックの副作用と禁忌

バスパーと同じく抗不安薬であったものの、近年に向精神薬に指定されたデパスと比べると即効性は低いものの、副作用が低く、安全性が高く、効き目が緩やかであるため、こちらのバスパーを利用される方が多いようです。

副作用のリスクが非常に少ないと言われてはいますが、下記のような症状が報告されています。
・めまいや立ちくらみ
・眠気
・頭痛
・神経過敏

非ベンゾジアゼピン系の禁忌は、重症筋無力症の患者の方は非ベンゾジアゼピンの筋弛緩作用により、症状が悪化するため摂取は止めましょう。
また、他の抗うつ剤、抗精神病薬、軽減抗ヒスタミン剤、ジルチアゼム、エリスロマイシン、イトラコナゾールなどと一緒に服用してしまうと、薬の効力が強くなってしまうので同時の服用は止めましょう。
妊娠内、授乳内の側、腎臓乱調の側、肝臓乱調の側は服用することは出来ません。

抗うつ剤の通販