抗不安薬の中でも特に有名なデパスは病院での処方または、個人輸入によって購入することができます。

デパスの特徴と購入方法
デパス

精神安定剤とも呼ばれる抗不安薬の薬で知名度も高いのがデパスになります。時に「万能薬」とも呼ばれ、精神疾患を治療する目的以外でも用いられることがあります。

・慢性的な腰痛、首や肩の頑固なコリの解消
・不眠症の1つ「入眠障害」を改善
・けいれんを抑えたり、けいれんを伴う病気の治療
・不安を和らげる

これらの症状の改善にも用いられています。その為、様々な病気に適応があることから、精神科に限らず広い分野で用いられています。

デパスの作用

薬を飲む女性

からだなどをリラックスさせる神経が集まっている「BZD受容体」と呼ばれる場所に作用することで神経を活性化させ、「筋弛緩作用」「催眠作用」「抗けいれん作用」「効不安作用」と実に4つの作用をもっています。

デパスの特徴

デパスやは、効き目がそこそこ強く、半減期が短い薬とされています。一見すると色々な病気に使えて、効き目も強く、薬の切れも良いようにも思えますが、「依存」を起こしやすい薬になります。その為、1日1錠など毎日常用する薬ではなく、症状が辛い時にのみ使う補助薬と考えられています。

効き目の強さや切れの良さが「頼りがち」になる薬なので、自己管理する場合には徹底しなければなりません。

薬の購入方法は

男性医師

病院で処方
抗うつ剤や抗不安薬には離脱症状や依存症などの危険な副作用をもっています。自己管理するとそれらの副作用を起こしやすくなるので、返って症状を悪化させてしまう可能性もあります。その為、もっとも安全な方法としては医師から処方して貰うことになります。医師の管理の下で服用することで、重篤な副作用を回避することが出来る可能性は高まります。

個人輸入代行で購入
海外医薬品やジェネリックを個人でネット上から購入することが出来ます。値段も安く、わざわざ病院に通う必要はないので、ネットさえあれば24時間どこからも注文することができます。しかし、薬によっては扱いを誤れば危険な状態となることも十分に有り得ます。

その為、個人輸入代行を利用する場合は、必要な分を必要な量のみ購入するようにしてください。そして、正しい容量を守って服用しなければなりません。また、何かあったらすぐに医師に相談するようにしてください。

デパス・ジェネリックの通販
抗うつ剤の通販