うつ病は男性より女性が発症しやすく、その主な原因はストレスになります。

うつ病の原因
悩む女性

女性は男性に比べて2倍もうつ病になるリスクが高いと言われています。その理由の1つに、脳の構造に違いがあるとされています。女性の脳は「割り込み型」といって、物事の処理を同時にいくつも行えるとされます。その為、仕事をしながら夕飯のことを考えたり、家事をしながら子供のことを考えたりと同時に色々なことを頭の中で考えることが出来ます。

男性からすると凄い器用なことをやっているように思えてしまいます。男性は「絞り込み型」と言われ、家事に協力的ではない旦那さんいます。それは脳の構造が1つのことしか処理出来ず、「仕事モードになると冷たくなる…」など1つの事に没頭してしまう傾向が強いです。その為、女性は男性に比べて色々なことでストレスを感じやすくうつ病の発症リスクが高くなっています。

うつ=ストレス?!

頭を抱える女性

うつ病の原因となるのは主にストレスだと言えます。しかし、一言にストレスといってもその種類は様々です。

①精神的
②構造的
③化学的
④温度・湿度
⑤生物学的

これら5つに分類することができます。

もっとも直接的な原因となるのは、①~③までになります。また④の湿度や温度というのは、間接的に影響を与えると言われています。⑤は、うつ病が発症する前の時に免疫力が低下して風邪を引きやすくなるなどに関係していますが、細菌あるいはウィルスなどがこの病気に関係している訳ではないので今回は紹介しません。

うつ病は「こころの風邪」と表現されることがありますが、実際に①~⑤の中でこころに影響を与えているのは①のみです。②~⑤はすべてからだに影響を与えるものとされています。

精神的なことは、人の受け取り方次第だと言われています。人によっては「何にも気にならない」けども、人によっては「辛い…」となることもあります。こればかりは人によりけりです。

例えば、恋愛で失恋した場合を想像してみてください。「あの人じゃなきゃダメ!!」と思えば、フラれたことは辛く悲しく大きなストレスになりますよね。でも反対に「ひょっとすると、新しい良い人とこの先出会えるかも!!」と思えば、プラスに考えられ気持ちも前向きになりますよね。

恋愛だけでなく、日常生活のすべての事に対しての考え方、捉え方1つでこころに不具合が起きるか起きないかも変わってきます。ストレスを感じにくいようになるように日ごろから考えて行動することで、うつ病の原因を減らすこともできるのです。

抗うつ剤の通販