抗不安薬デパス > グランダキシン

グランダキシンの自律神経調整薬としての効果。

グランダキシンとは?

グランダキシン グランダキシンはベンゾジアゼピン系の抗不安薬に分類する自律神経調整薬です。

主に抗不安薬としての効果よりも自律神経を調整するために使われることが多いです。そのため、精神科や心療内科だけでなく内科や産婦人科、整形外科といったところでも処方されている薬になります。グランダキシンの効果は非常に穏やであります。そのぶん副作用も非常におこりづらく安全性が高い特徴をもちます。

グランダキシンの効果と効能

グランダキシンはデパスエチラームとおなじベンゾジアゼピン系の抗不安薬に属する薬で、脳内の中心位置に近い視床下部に作用し、交感神経、副交感神経の乱れを調整する効果があります。

抗不安作用は非常に穏やかになるため(※効果が弱いと感じる人もいる)、抗不安効果や睡眠、筋弛緩作用を目的として使用されるよりは自律神経(交感神経や副交感神経)の乱れを調節し、興奮や緊張や、発汗や動悸などの症状をおさえる自律神経調整薬として効果を発揮することが多いです。

グランダキシンは以下の症状で効果を発揮します。

  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • 倦怠感
  • 常に不安を感じている
  • 気持ちが不安定で感情の高低が激しい
  • 副作用の強い抗不安薬や精神安定剤が合わないかた

グランダキシンの半減期と効果時間

グランダキシンの効果時間グランダキシンの半減期は短めの約50分となります。そのため薬の効果時間も短めの約2時間から6時間となります。そのため1日通して効果を持続させるためには3回服用をすることになります。

自律神経調整薬とは?

自律神経調整薬は自律神経のバランスを調整する薬です。
自律神経失調症の人や更年期障害、症状の軽い不安症状やストレスやめまいといった自律神経のバランスを崩しやすい人や、抗不安薬や精神安定剤では副作用が強すぎて合わない。という方に処方されている薬になります。

自律神経調整薬はゆっくりとマイルドに効果があらわれます。副作用は少なく軽い眠気が起こるくらいとされています。

自律神経とは?

自律神経は本人の意思とは関係なく働いている神経のことです。人は常に心臓が動いて、血液がながれて、その他の内臓器官が働いて栄養を吸収したり、食べ物を消化したり、体温調節をしたりすることで日々生きています。これらの動作というのは本人が一つ一つ意識をしておこなっているわけではなく、本人が意識していないところで働いています。これらの意識していないところで働いている神経のことを自律神経といいます。

交感神経

交感神経は副交感神経と一緒に自律神経を構成している神経のことです。交感神経がはたらくと、瞳孔がひらいたり、心拍数や血圧があがったなど、激しく動いたりなど興奮状態やストレスを感じているときにはたらいている神経です。主に昼間など活動的な状態のときにはたらいています。

副交感神経

副交感神経は上記の交感神経と自律神経を構成しています。副交感神経がはたらくと瞳孔が縮小したり、心拍数が減ったりなど、休息や睡眠などリラックスしている状態のときに機能しています。上記の交感神経とは反対の働きをします。

不安障害とは?

不安障害とはさまざまな場面において不安を過剰に感じすぎてしまい、日常の生活において影響がでてきてしまう疾患のことです。

不安障害には全般性不安障害やパニック障害、恐怖症などが含まれます。性格や過去の出来事から人前で話すことや人と会話することでプレッシャーを感じてしまったり、何かをきっかけに突然発作を起こしてしまったり、高所や閉所、その他恐怖症など、不安や緊張、強いストレスや恐怖などを感じることで身体にさまざまな症状があらわれてしまいます。症状の強弱はありますが、このことにより日々の生活に支障がおきてしまいます。

うつの症状

うつ病の症状は何かをしようと思う意欲がなくなってしまったり、気分が低下してしまうことで感情表現も低下してしまうことです。心の病気といわれていますが気力がなくなることで食欲やなくなってきたり、不眠状態になったりと身体にも影響を及ぼしてきます。

うつ病の治療や改善に効果がある薬が抗うつ剤となります。抗うつ剤にはレクサプロパキシルエビリファイといった治療薬があります。

グランダキシンの副作用

グランダキシンの副作用 グランダキシンは副作用がほとんどありません。効果はゆるやかとなるため物足りなさを感じることがあるかもしれませんが、副作用が心配で薬を服用するに抵抗のある方や高齢者の方でも比較的安心して飲めるくらい安全性が高い薬となります。

グランダキシンの副作用の内容は以下になります。

  • 眠気
  • ふらつき
  • 倦怠感
  • 脱力感
  • 口の渇き
  • 食欲不振
  • 発疹やかゆみといったアレルギー症状
  • 吐き気、嘔吐

これらの症状は薬の作用により起こる症状になります。睡眠促進作用により眠気におそわれることがあります。また筋弛緩作用によりふらつきやだるいといった倦怠感が起こる場合があります。いずれにしても服用した場合には注意するべきです。もし、服用を続けていて症状が治らなかったり悪化してしまう場合には医師に相談するべきです。

グランダキシンの耐性や依存性

グランダキシンはベンゾジアゼピン系の薬になるため依存性や耐性をもつ薬になります。ベンゾジアゼピン系の薬は耐性や依存性を持っているためグランダキシンも起こる可能性がある薬になります。しかし、グランダキシンは依存性になる可能性がきわめて低いです。

依存性は薬の効果が強かったり、半減期が短かったり、成分量が多い、薬の常用という内容でなりやすくなります。デパスは効果が強く半減期も短いほうなため起こりやすい薬でした。しかし、グランダキシンの半減期は短めですが効果が非常に穏やかとなっているためほとんど起こらないでしょう。ただし、薬を長い期間常用していたり、服用量を増やしてしまうような服用の仕方をしていると依存性になってしまう確率が上がってしまうため注意が必要です。

グランダキシンの離脱症状

グランダキシンを長期間服用していて急にやめてしまった場合には離脱症状がおこることがあります。そのため、長期にわたって服用をしていた場合には薬の量や回数を徐々に減らしていき身体を慣らしていくことが望ましいです。

グランダキシンを購入するには

グランダキシンの通販グランダキシンを購入するにはどのようにすれば良いのかを書いていきたいと思います。 グランダキシンは医師の処方が必要な処方箋薬になります。そのため薬局やドラッグストアーでは購入することができません。基本的には医療機関で診察を受け処方してもらい手にすることができる医薬品となります。

個人でグランダキシンを手に入れる場合には個人輸入代行の通販サイトを利用して購入することができます

個人輸入とは?

個人輸入とは個人使用に限り海外から医薬品などを購入することができることです。他人に販売したり譲渡したりすることは禁じられています。

通販サイトでの購入方法

個人輸入代行通販サイトでの購入方法ですが、スマホやパソコンがインターネットに接続できる環境であれば注文し購入することができます。

個人輸入代行通販サイトは見た目や使い勝手などは通常の通販サイトとほとんど同じとなるため違和感はないでしょう。そして処方箋も必要なく購入することができるので病院に行く手間や治療費が省けます。そのため、薬の値段だけでよくなるため経済的になります。

グランダキシンには後発薬であるジェネリックがあり、同じく薬局では購入することができませんが、通販サイトであれば購入することができます。ジェネリックは先発薬と比較して薬の値段が安いことが多いため経済的になります。

一度病院できちんと診察をしてもらい状況や内容を把握して薬の効果や副作用といった内容を把握している状態であれば通販で購入することも経済的に良いかもしれません。

グランダキシンのジェネリック

グランダキシンのジェネリックグランダキシンにはジェネリックがあります。グランダキシン・ジェネリックは先発薬と同様の有効成分トフィソパムを使用して作られているため、自律神経のバランスを調整する薬の作用や効果はほとんど同じになります。国内では販売していない薬ですが通販サイトであれば購入ができます。

グランダキシンの服用方法

グランダキシンの服用方法ですが、成人の方の場合、成分量が50㎎を1日3回服用します。ただし、症状の状態や年齢などによって服用する量を調節しましょう。

服用の注意点

服用のタイミングに飲み忘れてしまった場合ですが、忘れたことに気付いた時が服用のタイミングに近かった場合にはすぐに服用してください。もし気づいたときが次回服用のタイミングに近かった場合は忘れてしまった分は飲まずに次回の分だけ飲むようにしましょう。

グランダキシンはデパスの代わりになる?

抗不安薬でよく名前があがるデパスですが成分であるエチゾラムが向精神薬に指定されてしまったことにより、個人輸入でも薬を購入することができなくなってしまいました。グランダキシンはデパスやエチラームの代わりになるのでしょうか?

グランダキシンは上述でも書きましたが、デパスと同じベンゾジアゼピン系の薬になります。しかし、抗不安作用や、筋弛緩作用、睡眠作用などはデパスと比較すると弱いです。そのためデパスのような強い抗不安効果や筋弛緩作用を欲している人には物足りないと感じてしまうことでしょう。ただし、グランダキシンは抗不安作用や筋弛緩作用、睡眠効果だけでなく自律神経の調整目的で服用をされることが多いため症状があてはまる人にはあう薬になると考えられます。

グランダキシンは副作用になりづらいだけでなく、デパス服用のリスクでもあった依存性にもほとんどならないメリットがありますので、効果の強さの部分だけで比較をしてしまうともの足りないと思うかもしれませんが、デパスの効果が強いと感じていた人には薬の強さがちょうど良くまたリスクを減らし安全に服用できる薬になるかもしれません。

デパスの代わりに使われている薬。

デパスの代わりに良く使われている薬はグランダキシン以外にもいくつかあります。そのなかでも高い支持を得ている治療薬をいくつか紹介します。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック ソナタジェネリック(ハイプロン)は睡眠薬ソナタのジェネリックで即効性が高い薬です。不安や緊張の改善や睡眠導入剤として効果を発揮します。服用後約30分から60分ほどで効果が得られるため、デパスの即効性に魅力を感じていた人にはオススメかもしれません。非ベンゾジアゼピン系に属する薬で副作用が少なく安全に服用ができます。

バスパー・ジェネリック(バスポン)

バスパージェネリックバスパー・ジェネリックはバスパーのジェネリックでブスピロン塩酸塩を成分とした非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬になります。不安障害やうつ症状、あがり症といった症状を改善する効果を持ちます。緩やかに効果があらわれ高い安全性をもって服用することができる薬です。

バスピン(バスパーのジェネリック)

バスピンバスピンはバスパーのジェネリックでブスピロンの成分により、不安障害全般や不眠の状態、緊張といった精神的な疾患に効果がある非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。睡眠効果以外はゆっくりとマイルド効果を得られる薬です。薬の値段がリーズナブルなため経済的にもメリットのある薬です。

セディール

セディールとは? セディールは不安や焦り、イライラといった精神症状の改善や緊張の緩和に効果のあるアザピロン系の抗不安薬です。セロトニンに作用し、徐々に効果を発揮する薬になります。副作用が非常に少なく、ベンゾジアゼピン系の薬でないため耐性や依存性がありません。そのため安全性高く薬を服用することができます。

上記抗不安薬は通販で購入できなくなったデパスやエチラームの代わりに使われることが多い薬です。

グランダキシンの口コミ(体験談)

グランダキシンは安全性が高く、マイルドな効果であることはこれまでお伝えしてきました。では、実際に服用した方の口コミや評判はどのようになっているのでしょうか?

実際に服用した方の口コミ(体験談)を以下にまとめてみました。
(※口コミの内容にはグランダキシン・ジェネリックの内容も含まれています。)

口コミ1
グランダキシンを服用する前からそこまで状態がひどいわけではなかったこともあってか、自分にはとてもあっているようで服用することで少しずつですが精神的に楽になっていくのがわかりました。

副作用はあったのかもしれませんが、自分は多少眠気が来るくらいでほとんど感じませんでした。個人輸入でジェネリックを買って使っていたこともありコスト的にも高すぎずに満足しています。
口コミ2
グランダキシンを飲む前は何かあることに過剰にイライラすることが多かったので、ストレスやいらない気疲れのせいで疲れてしまっていました。ただ、飲み始めてからイライラすることがまったくなくなったわけではありませんが、確実に飲む前とは違い精神状態が安定してるのがわかります。これが薬の効果なんだと思得る感じですね。私にはあっている薬だと思いました。
口コミ3
私は日中は眠くなってしまって仕事に集中することができないことが多いのに、夜布団に入ると日中がうそのように頭がさえてしまって全然眠れない状態でした。この状態のせいで疲労は溜まる一方だし、気力もなくなり始めてきたので効き目が強くなくて安全というこの薬に頼ってみることにしました。

飲み始めはまったく効果を感じれなかったので、1日3回飲むようにしました。そして数日たったくらいから夜布団に入って気づいたら眠れるようなっていました。安全といわれているだけあって副作用といえる副作用はいまのところ起きていません。おかげで以前より仕事に集中できるようになりました。

グランダキシン(グランダキシン・ジェネリックも含む)を服用した方の口コミからもわかりますが、効果は即効性や効果に関しては緩やかなようですが、その分副作用がつらいという声もあまりないようです。

デパスの通販