抗不安薬デパス > 抗うつ剤の効果について

抗うつ剤の効果や副作用は系統(種類)によって異なってきます。その気になる特徴をまとめています。

抗うつ剤の効果について

抗うつ剤の効果について

抗うつ剤はうつ病、不安障害といった精神的な病の治療に効果のある薬となります。

みなさんも最初は疑問に思う内容だと思う抗うつ剤の効果というのはいったいどのくらいあるのか?また、服用することで副作用は起こるのか?もし起こるとしたらどんな症状が起こるのか?抗うつ剤の種類はいったいどのくらいあるのか?内容についてまとめてみましたので、これから綴っていきたいと思います。

抗うつ剤の効果

抗うつ剤の効果ですが、主にうつ病や不安障害の改善、緊張の緩和やPTSD(外傷後ストレス障害)といった症状の治療に使われます。

抗うつ剤はいくつかの系統(種類)があるのですが、服用し効果を得るまでに基本的には即効性はなくおおよそ1、2週間くらいで効果を得られるようになります。ただし、医師に処方された定められた期間は、用法、用量をしっかりと守り服用することが重要で、「もう治った!」などと自己判断で服用することをやめてしまったりすると、ちゃんとした効果を得られなくなります。それだけでなく、治っていないことにより症状が再発してしまいます。
再発してしまうと、今度は最初の症状よりも治療に時間がかかることが多いため注意が必要となります。

抗うつ剤は服用することで副作用が起こることがあります。
個人差はありますが、一般的に多い例では服用したての頃に吐き気やだるさ、腹痛、眠気といった一般的な副作用が起こる事が多く、薬を飲み続けることで治まってきます。

抗うつ剤は副作用が起こるリスクはありますが、定められた用量、用法を守り服用することで、しっかりとした効果を得られる薬であります。

抗うつ剤の特徴

抗うつ剤の特徴はストレスやその他の精神的なダメージなどにより崩れてしまった神経系の症状を薬の効果により元の正常な状態に戻すために使用されることです。

抗うつ剤には、三環系、四環系、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI、NaSSAとその他といった系統(種類)があります。「系統(種類)」については後述記載。
この系統(種類)によって効果や副作用の強さに差があります。

抗うつ剤は服用することで副作用にならないように最初は少量からスタートし、徐々に量を増やしていく服用の仕方が一般的です。

抗うつ剤の系統(種類)

抗うつ剤の系統(種類)

抗うつ剤には開発された時期によって系統(種類)にわかれています。
三環系、四環系、SSRI、SNRINaSSAそして、その他の種類に分類されています。

三環系

◎特徴
1950年ごろから使い始められている、もっとも古い抗うつ剤になります。強力な抗うつ作用をもっているので効き目がかなりあります。しかし、その一方で副作用も強いという弱点があり、重い副作用へと発展してしまうケースもあります。その為、他の抗うつ剤で効果がなかった方や難治性の場合にのみ限って処方が行われます。

◎代表的な薬
・アモキサン
・トリプタノール

四環系

三環系の副作用の強さを改善して誕生した薬です。

◎特徴 効果も弱められ、眠りを誘う作用に優れている薬になります。三環系は効果がでるまでにも時間がかかり、2週間ほどと言われていましたが、この系統は1週間ほどで効果が期待できるので速効性も改善されています。抗うつ作用があまり強くないので、睡眠障害が症状として現れるうつ病に用いられることが多い系統の薬になります。

◎代表的な薬
・テシプール
・テトラミド

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

SSRIは選択的にセロトニンが再取込みされてしまうことを防ぐ薬です。

◎特徴
SSRIは、脳に選択的に作用することでセラトニンが再取込みされてしまうことを防ぐ薬になります。脳内でのセラトニンの調整を行っている器官であるセラトニン受容体という部分に作用します。この物質が不足すると、うつ病の症状である「強い不安」「意欲や関心の低下」などを起こすので、脳内で再吸収を防ぐことで濃度が高められ、症状の改善を目指す薬となっています。

従来までは、三環系、四環系などが主流でしたが、これらは脳の他の部分にも作用してしまい「抗コリン作用」という副作用を起こしてしまいました。口やノドの渇き、便秘、胃の不快感などです。そこで誕生したのが、このSSRIという系統の薬で、部分的にしか作用しないので副作用が少ない薬と言われています。

セロトニンの欠乏

セロトニンとは
セロトニンとは人の幸福や喜びといった気分に影響する物質です。
脳内にあるセロトニンの濃度が低下するとうつ病の症状「強い不安」や「意欲や関心の低下」を引き起こしてしまいます。

◎代表的な薬
レクサプロ
パキシル
ジェイゾロフト

SNRI

SNRIはセロトニンにのみの作用でしたが、これはノルアドレナリンにも作用する薬になります。

◎特徴
効果もあって、副作用も少ないのでバランスが取れた薬と言われています。ノルアドレナリンにも作用することで、「やる気」や「集中力」を高めてくれます。SSRIと並んで、うつ病治療の一次選択となる薬になります。

◎代表的な薬
・サインバルタ
・トレドミン

NaSSA

これは「SSRI」や「SNRI」とは違い、物質の再吸収を阻害する薬ではなく、セロトニンとノルアドレナリンの分泌量を増やす作用によって抗うつ作用を発揮してくれます。

◎特徴
SSRIやSNRIは三環境系の進化とされ、この系統は四環系が進化して誕生したものと言われています。なので、眠りを誘う作用には優れていて、抗うつ作用も強いと言われています。効果は強めですが、副作用もやや強めにでると言われています。

◎代表的な薬
・レメロン
・リフレックス

抗不安薬

不安をやわらげる事ができる薬となり、「精神安定剤」とも呼ばれることがあります。こころに抱える不安を和らげるので重宝されますが、作用が強くなればなる分、「依存症」を起こしやすい薬にもなります。

◎代表的な薬
・メイラックス
・リーゼ
デパス

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤は副作用の症状が起こりやすい薬となります。
抗うつ剤の系統(種類)により副作用の強さや症状が異なります。一般的な副作用の症状としては吐き気やだるさ、腹痛、眠気、頭痛といったものです。こちらの症状は服用し始めに起こることが多く、服用を続けていくことでおさまることが多いです。

三環系は抗うつ効果が強いですが副作用のリスクも高い薬です。
症状としては、ふらつきや眠気、口の渇きや便秘、そして体重の増加といった内容です。

四環系は三環系よりも効果が弱い分副作用も三環系よりもリスクも低めな薬です。

SSRIやSNRIといった新しい抗うつ剤は比較的副作用のリスクは低いのですが、下痢や吐き気、性機能障害といった副作用の症状が起こる可能性があります。

NaSSAも新しい抗うつ剤となるのですが副作用は若干高めとなります。
症状は、ふらつきや眠気、副作用により食欲が増すため体重の増加といったことが起こります。

医師が抗うつ剤を処方してくれる場合は、このような副作用にならない、もしくは最小限で抑えることができるように考慮して服用期間や量を決め処方してくれています。薬の効果が得られないからといって自己判断で服用回数や量を増やしてしまったり、同じく自己判断で治ったと判断し、服用をやめてしまったりするときちんとした治療効果を得ることが出来ないという結果になってしまいます。
くれぐれもこの点は注意しましょう。

抗うつ剤で太る?

抗うつ剤の副作用で太るのか?ということをよく耳にしますが、これは太る可能性はあるということになります。
どうして太るのかですが、すべての抗うつ剤の服用で太るということではなく、系統(種類)によって効果は違います。

三環系や四環系、NaSSAは服用後の副作用による体重の増加で太ることがあります。
これは通常満腹中枢を刺激することで食欲を抑制するところ、薬の作用によりその作用が食欲増加の方向になってしまうからです。そのため食欲が増してしまい、その結果、体重の増加につながり太ると言うことになります。ただし、服用を中止すると数ヶ月で症状は元に戻ってきます。

抗うつ剤と抗不安薬の違い

抗うつ剤と抗不安薬の違い

抗うつ剤と抗不安薬は似ているように思われがちですが、実際は系統(種類)が違う薬であります。

まず、抗うつ剤ですが、名前のとおり主にうつ状態の治療や改善のために使用されている薬であります。

即効性はなく効果を得られるまでの期間がおおよそ1~2週間ほどかかり、服用を続けていくことで大体1~2か月ほどで効果を感じることができるようになる薬であります。ですので、薬を服用したからすぐ効果がでるというよりは時間をかけながら徐々に症状を改善させていくというものになります。うつ病の治療で使用されている抗うつ剤ですが、服用し始めのころは吐き気や胃腸障害といった副作用は来るのに、症状がまったく改善されていないと感じることがあります。

抗不安薬は抑制系の神経伝達物質であるGABAに作用し、緊張や興奮、不安といった状態になってしまった脳からそれらの不安などを取り除く効果がある薬です。緊張や不安などで寝付くことができない不眠状態にも効果が見込め、不眠症の人にも睡眠薬として使用されることもあります。

そして一番の違いは抗不安薬はうつ病そのものを治す効果はありません

抗不安薬は服用後早くておおよそ1時間で効果を得ることができます。ただし、耐性や依存性を持っている薬となるため、服用し続けることで薬に慣れてしまい効果が薄れてきてしまったり、薬に依存をしてしまうというリスクがあります。

このように抗うつ剤と抗不安薬は神経系や精神的な部分、そして心の状態の改善や解消に利用するという部分では共通のジャンルとなるのですが、うつ状態のそのものの治療として時間をかけ治療していく抗うつ剤と、即効性があり、一時的な不安の解消や、緊張の緩和などを和らげるために使用する抗不安薬と基本的な使用用途が異なってきます。

抗うつ剤も抗不安薬はその人がどのような症状なのかによって、どちらの薬が適切なのかは異なります。各々に副作用のリスクはありますが、使い方次第できちんとした効果を得ることが出来る薬となります。ですので、どのような症状が起こっているのかをまず医師と相談して確認をし、薬に対しての知識や効果を把握してから服用することが望ましいといえるでしょう。

▼こちらのページも良く見られています。▼
デパスの通販