ソナタジェネリックの効果は鎮静・睡眠作用があります。

ソナタ・ジェネリックの効果と効能

ソナタ・ジェネリック

ソナタジェネリックとは、非ベンゾジアゼピン系に属する向精神薬の種類で不安障害や睡眠導入剤として利用されています。
ベンゾジアゼピン系に属するお薬は、病院での推定処方確率は抗不安薬5.0%、睡眠薬4.7%であり、ベンゾジアゼピン系を使用している方は全国で600万人以上の方がいると報告されています。
不安・不眠・緊張といった症状を他人にはなかなか相談しにくいものです。
色々なお薬があり、効果はどう違う?依存性があるのでは?と疑問を抱えている方は多いかもしれません。
ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内で興奮を和らげるGABAと言う物質の働きを高める事で、気分をリラックスさせ、睡眠、緊張、不安を和らげ、筋肉をほぐしてくれる作用があります。
また依存性・離脱症状が出ると言う特徴があり、突然薬を止めたり、服用し忘れ、称された量を守らず増減したりする事で発生するものです。
処方された用法用量をしっかり守り、徐々に減らしていけば症状は現れません。
ソナタは、超短期型の睡眠薬に分類され、有効成分はザレプロンになります。
有効成分ザレプロンは、ベンゾジアゼピン受容体と結びついて脳内の神経に抑制的に働く物質であるGABA(ガンマアミノ酪酸)の作用を増強し、興奮を抑える事で不安・緊張をやわらげ、寝つきを良くし、夜間の睡眠を継続させます。
服用し速やかに血中濃度が上昇し、優れた入眠効果を発揮します。
起床時に残薬感を残さず、目覚めの良さを自覚できる事が特徴になります。
有効成分である「ザレプロン」は、日本では認可されていないため、ソナタのジェネリック医薬品「ハイプロン」を入手する際は通販での購入となります。
実際にベンゾジアゼピン系のお薬は不眠症に効果が高い、安全性の高いお薬です。

ソナタ・ジェネリックの通販はコチラ

ソナタ・ジェネリックの服用方法

服用方法は成人の方で1日1錠(主成分10mg)を就寝前に服用します。

ソナタ・ジェネリックの副作用と禁忌

副作用として下記のような症状が報告されています。
・眠気
・目まい
・立ちくらみ
・吐き気
・胃のむかむか
・筋弛緩作用

これらの副作用が1時間以内に見られるケースが多いため、服用は就寝前を心掛けて下さい。
またアレルギー症状がある方は、十分に服用を注意し、心配な方は医師に相談して下さい。
即効性があり寝付きが悪い方にとても効果的で、半減期が短いため次の日の朝まで効果を残さないという点も気持ち良い目覚めで起床できます。

抗うつ剤の通販